意識と身体

意識とは、やっかいなものいです。意識しなければ集中できない気もしますし、意識するとうまくいかなくなることもあります。

普段、意識しなくても呼吸できますし、左右交互に足を出し歩くこともできます。私は、お風呂場で洗髪する際、よくシャンプーの後でコンディショナーを使ったかどうか迷ってしまうことがあります。無意識の作業になっているため、記憶に留まらないのです。意識と身体の関係は、とても密接なようなで密接でないような、不思議な関係です。

私が意識と身体の関係について関心を持つようになったのは、お仕舞を初めてからですので、もう5年以上になります。お仕舞は、謡に合わせて決められた型を基本にして舞うもの。時間は2分から長くて4分くらいなので、長くはありません。型もいくつかのパターンがあり、それの組み合わせなので、それほど覚えることは多くありません。

謡の詞章(ことば)に合わせて型を繰り出すので、それが難しいといえば難しいですが、動き自体は簡単に覚えることができます。

それでも発表会などで舞台に立つと、思うようにできません。毎回、悔しい思いをします。なんで稽古のようにできないのか?これまで稽古では一度も間違えたことがない箇所を、なぜ本番で間違えるのか?その繰り返しです。

そこには意識と身体の関係がきっとかかわっている、との直感がありました。だから、意識、脳、心理、身体、感情などに関する本を読み漁りました。

そうして、だんだんわかってきました。人間の身体の多くは無意識によって作用している。意識のレベルで自分のものにしてもダメで、無意識のレベルで動けるようにならなければ自分のものとは言えない。たとえそれに到達できたとしても、ふとしたことで意識が介入してくる。そうなると無意識のレベルが混乱してしまい、思うようなパフォーマンスができない。

本番の舞台の上で頭が真っ白になったことがあります。それは、もともと無意識下にあった状態(真っ白)に意識が介入して、もともと「真っ白」だったものを、「真っ白だ」と発見してしまったことで、「真っ白」という認識が顕在化してしまい、身体の動きが「止まって」しまうというプロセスだったと思います。

そうしたことを認識しつつ、今年も先日発表会がありました。私は、できるだけ意識しないことを心掛けました。また、何かに一つに集中するのではなく、「文脈」を支配しようと「意識」しました。自分なりに稽古を積み、詞章と型の関係も身体に染み付いた感覚もありました。

そして本番。私の直前の出番の方は素謡だったので約25分も舞台にいます。私はその間、楽屋に控えていました。25分は長いです。そこで、人のいない和室で、頭の中で謡いながら仕舞を通して舞ってみました。動きの最終確認です。

その時、来てしまいました。普段は何の疑問も抱かずに流れていく動きの一部が、わからなくなってしまいました。「あれ、どうだっけ?」周りには誰もいません。少し焦りましたが、もう一回やれば体が勝手に動くだろうと信じ、再度挑戦。しかし、そこにはもう意識が介入してきており、それを振り払うことはできません。焦りが焦りをよぶ。心と身体が分離してしまったかのようです。子供の頃、野球のホームベースを見て、なぜかあの独特の五角形がホームベースに見えず困ったことがあります。ホームベースだとわかっているにもかかわらず。それと似た感覚。

そして、私の出番。切戸口から身をかがめ舞台で出る。後ろに座る3人の地謡の真ん中の先生(観世喜正師)の姿を確かめ、その前(大小前)に片膝で座り構え、一呼吸置いて謡いだしました。

「和光利物の御姿~」

大きな声を出すように指導されていたので、思いっきり大きな声で謡ました。しかし、なぜかその時に限って、最後まで息が続かない。「すがた~」が絞り出すよう感じになってしまった。「おかしい。」少し不安が芽生えます。そのシテ謡の後、立ち上がる。

何とか舞を続け、やがて問題の箇所に。勝手に体が動いてくれることを期待しましたが、そうはいかず。やはり出てこない。とっさに誤魔化して次の動きに移りました。

その動揺が後を引いたと思います。その後も、万全とは言えませんでした。ただ、言えるのは、以前だったらこういう状態に陥ってしまうと、もっと動揺してしまい、真っ白になってしまいましたが、今回はそこまでの動揺ではなかったことです。失敗を予測し、それに慣れたともいえるのかも。

仕舞を終え、橋掛かりを歩み幕へ向かう数秒の間、悔しさとダメージが以前より少ないことへの安堵感とが入交じりました。もちろん悔しさのほうが大きいですが。

こうして、心と身体の統一、あるいは整合を、今年も果たすことができませんでした。しかし、次回こそはリベンジ、とのエネルギーは湧いてきました。

こうして毎回、終演後の懇親会に悔しさを持って向かい、そこで発散するのです。(今年はコロナで抑え気味でしたが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です