オンラインでのインタラクションの可能性

ご多分に漏れず、私もオンラインでの複数他者とのインタラクションの機会が増えてきました。

一方通行型のオンラインセミナーやeラーニングは、以前からありましたが、インタラクションが伴うオンラインが、これほど短期間で普及したのは、新型コロナのなせる技でしょう。

オンラインでのインタラクションににも、いくつかのパターンがあります。私が経験したのは、以下です。

 1)集合研修の代替としてのオンライン研修(二日間)

 2)オンラインでの打ち合わせ

 3)オンラインでの勉強会(プレゼン&質疑応答形式)

 4)オンライン飲み会

その評価は、多くの方がおしゃるように総じて「使える」という印象です。

もちろん、パターンや前提条件によって異なりますが、思った以上に機能できていると感じます。

しかし、気をつけなければならないのは、何と比較して「使える」かです。オンライン教育の世界では、SAMRという切り口があるそうです。私なりに解釈してみます。

・Substitution:(代替) 対面の学習をどれだけ置き換えることができるか

・Augmentation:(添加) オンラインにすることによって、便利になることがあるか

・Modification:(変容) 対面ではできなかった教育を新たに実現できるか

・Redefinition:(再定義)そもそも何のために教育するのか、再定義する

多くの「使える」は、SとAの切り口でのことと思われます。

オンライン研修を実施してみて、そう実感できました。例えば、グループ討議の観察や介入はリアルな研修よりも効果的です。簡単にそのグループの討議に入り込めますし、講師側のカメラをオフにしておけば、受講者はそれほど講師の存在を意識せずに話をすることができます。

また、チャット機能をうまく使うことで、リアルでは収集しづらい意見や疑問を拾い上げることができます。

Mについては、まだ実現はしていませんが、その可能性は感じました。きっと、今後使いこなすことによって様々なアイデアが出てくることでしょう。

Rは、例えばこんなことです。もし知識習得がオンラインで代替できるのであれば、そもそも学校に集まることにどんな意味があるのか?学校教育を再定義し、オンラインとリアルを組み合わせて、学校の存在意義を追求しようとの考えです。企業研修でも同様で、リアルに場を共有する価値を見極めて研修の再定義や再設計につなげたいものです。

さて、オンライン技術によって研修だけでなく上記4パターン全てに、M,Rの可能性が見えてきました。

一方で、オンライン技術の活用によって、リアルの価値も改めて見えてきたように思います。

報告目的の会議であればオンラインでも十分代替可能ですが、意見交換することで新しいアイデアを創出する目的であれば、どうしても「もどかしさ」を感じます。映像で他者の表情をある程度は認識できますが、リアルに比べ情報量は圧倒的に少ない。

リアルな場では五感を駆使して情報を入手し、自分の思考を刺激させています。そのことが改めて実感させられました。時間だけでなく場を共有し、その場が一つの有機体になる「感じ」はリアルの醍醐味であり、大きな価値です。どれだけオンライン技術が進化しても、その代替は難しいと思われます。

自宅マンションで大好きな犬が飼えないので、犬型ロボットのaiboを買った知り合いがいます。かなりよくできていて満足だそうですが、満足すればするほどさらに本物の犬の良さが際立ってきて、複雑な心境とのこと。オンラインとリアルの関係に似ていると感じます。

ポストコロナの世界では、それまでとはインタラクションの方法や目的、様相などが変わってくることでしょうが、私たちにとって、可能性が広がることは確かです。そのための準備を、今からしておきたいと思います