映画「三島由紀夫VS東大全共闘」にみる一流の知性 

私にとって三島由紀夫は伝説上の人間でした。しかし、この映画を観て、生きた人間としての三島を生々しく感ずることができました。

1969年5月13日、東大駒場900番教室に1000人以上の学生が三島との討論に集まった。三島は、いわば1000人の敵の中にたった一人で乗り込んだようなものです。まず、その勇気に敬服します。

また、三島を討論会に招いた東大全共闘も大したもの。その年の1月に有名な安田講堂陥落があり、学生運動の敗北が顕在化しつつあるこの時、学生らは暴力ではなく討論で運動を続ける道を模索していたようです。だから、三島を招いた。直球勝負です。

さて、会場の三島はそれなりの覚悟をしてきているのでしょうが、学生らに比して余裕が感じられます。TBSのTVカメラ撮影班と新潮社のカメラマン(一人)が入っていますが、三島は彼らがいい映像を撮れるように配慮しているようにも見えます。

また三島の演説は言語明瞭かつ、できるだけ理解しやすい言葉を選んで話しているように感じます。一方の学生側は、やはり上すべりな借りてきた言葉が多いように私には思えました。三島は自分を卑下するようなユーモアを駆使して、学生を引き寄せようとします。言葉で打ち負かせようとか、相手の揚げ足を取ろうとか、そういう下賤な語りは一切ありません。学生らを揶揄するどころか、敬意すら感じさせます。

学生が発言しているときは、じっと真剣に聞き入ります。カメラはその目の動きも捉えていますが、本当に相手の発言を理解しようという目でした。

三島は言います。
「諸君が安田講堂の立て籠もっているとき、一言『天皇』と発してくれたら、僕は諸君らのもとに駆け付けた。」

最初この言葉を聞いたときは、一種のリップサービスだと思いました。しかし、映画が進むうちに、その言葉は真実だと確信しました。

三島は全共闘のことを、意見が異なるところはあるが、根っ子では通じる部分があると信じていたのだと思います。だから、「言い負かす」ために来たのではなく、「共闘する」ために来たのでしょう。何と闘うのか?それは、いい加減で自分のことしか考えない現在の日本及び日本人に違いありません。

だから、討論は熱くはなりますが、そこにはお互いへの敬意があります。さらに、ユーモアも。東大全共闘きっての論客といわれる芥氏は、愛娘を抱きかかえながら熱弁をふるいます。その姿を見る三島の目には優しさが。緊張となごみが絶妙のバランスを取って、その場が成り立っているようです。

この討論会を企画した東大全共闘の木村氏は、後日三島にお礼の電話を入れたそうです。その時、木村は「君、盾の会に入らないか?」と誘われ、どう答えていいものか困っていたところ、「近くに誰かいるのか?」と鋭い質問。木村の将来の奥さんがそばにいたのです。電話を代わってほしいと頼まれ彼女に代わったところ、5分くらい二人で話し込んでいたそう。彼女に何の話を三島としたのか尋ねても、ずっと答えなかった。ようやく、つい最近奥さんはこう告げました。「三島さんが、彼を愛しているのか?と聞くので、はいと答えました。」

その約一年後、三島は自衛隊市ヶ谷駐屯地で盾の会メンバーの森田必勝の介錯で自決。森田もすぐ後を追った。

映画の最後に、「熱情」と「敬意」と「言葉」がそこにはあったとのナレーション。まさに、今ないものがそこにはあったのです。

ところで、自決した森田を右翼運動に引き込んだのは鈴木邦男です。鈴木を追ったドキュメンタリー映画「愛国者に気をつけろ!」では、鈴木が毎年森田の命日にお墓参りをしている姿を映していました。映画の中で鈴木はこう言っていました。

「思想が違っても話し合える相手はいる。そういう人と話すことで自分が成長できる」「自分が正しいと信じる人は間違う。絶対正しいということなどない」

「熱情」と「敬意」と「言葉」、忘れてはなりません。


さすがというしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です