想像力を正しくはたらかせる

新型コロナウイルスの脅威は増すばかりで、不安は日本中に広まっています。政府の対応は、不安を助長させる方向に進んでいるようで、疑念が絶えませんが、ここではそれには言及せず、私たち一人ひとりの問題について考えてみたいと思います。

一月初め武漢で新型ウイルスが広がっているとき、私たちそこに住む人々を心配しました。特に現地にいる日本人の不安な日々に共感を寄せ、チャーター機を送ることを支持しました。また、感染者の出たクルーズ船が横浜に寄港する際も、そこにいる乗客乗員、特に多くの日本人乗客に思いを馳せ、英国船籍であるにも関わらず横浜への寄港を支持したと思います。

しかし、これらは私たちにとって直接的な影響を、あまり想像せずにすむ事態だったからかもしれません。

チャーター機で帰国した人々やその家族、あるいはクルーズ船の防疫や患者の治療に当たった医師らに対して、差別的行動を示す周囲の人々がいることが報じられています。少しでも身近で自分たちに悪い影響が出そうな事態になると、思いっきり想像力をはたらかせて、自分たちの身を守ることを考え、影響源に対して排除しにかかります。関東大震災の時の朝鮮人への暴力は、その典型です。

被害者としての想像力は発揮されるものの、自分が加害者になる可能性についての想像力は極端に乏しい。クルーズ船から、陰性と認定された乗客は下船しました。多くの方々は、公共交通機関を使って帰宅したそうです。検査時点で陰性でも、あの状況ですから感染している可能性に怯えながら下船した乗客も多かったに違いありません。つまり、他人にウイルスをうつしてしまう可能性はあった。それを許した政府の判断は間違っていたと思いますが、最終判断は下船した乗客の判断です。

SARS流行の時も、感染を心配した風邪の症状の人が大勢病院に押しかけて病院がマヒしかけたこともあったそうです。自分が感染したかもしれないという被害者想像力は大いに発揮されるものの、病院で他の人たちに移してしまうこと想像した人がどれだけいたことでしょう。このように、身近な被害者想像力は豊かですが、身近な加害者想像力は乏しい。

また、時間的あるいは空間的に距離のある被害者想像力は乏しい、というか鈍感だと思います。武漢やクルーズ船といったまだ距離感のある「対岸の火事」には、共感を伴った関心を寄せるものの、これから自分たちに何が起こりうるかといった想像力はあまり発揮されない。

原発が爆発しても、放射能は目に見えないし無臭だから(感覚的に距離感があるともいえます)、身近な被害を想像しづらい。

こういった距離感のあるところへの想像力の乏しさは、被害者も加害者もどちらもですが、とても危険な事態をじわじわと引き起こすことがあり得ます。危険な事態への想像力がはたらかないので、それに対して人々の力を結集させることもできない。

政治の世界でも同じことが言えると思います。

ドイツのマルティン・ニーメラー牧師の有名な詩です。

 彼らが最初に社会主義者を襲ったとき、私は声をあげなかった
 私は社会主義者ではなかったから。

 彼らが労働組合員を襲ったとき、私は声をあげなかった
 私は組合員ではなかったから。

 彼らがユダヤ人を襲ったとき、私は声をあげなかった
 私はユダヤ人ではなかったから。

 彼らが私を襲ったとき、
 私のために声をあげてくれる人は一人も残っていなかった。

想像力を正しくはたらかせる知性を持ちたいものです。あるいは、自分にはそうした能力が乏しいことを自覚して、それに長けた人(例えば芸術家)の声に耳を積極的に耳を傾けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です