「黒川能」を読んで

能に関わっている人で、黒川能を知らない人はいません。プロの能楽師も、真冬の雪深い庄内、黒川を訪れて。住民によって徹夜で繰り広げられる能と狂言を堪能しています。

黒川能は、村の春日神社への奉納として、500年以上にわたりひそやかに伝えられてきたものです。 500年以上とは江戸時代より前、つまり江戸幕府により式楽となるより前の、能の姿を留めているのです。室町時代、世阿弥によって完成された能は、江戸幕府の庇護の元で、その姿は変わっていったと考えられます。それ以前の原型が黒川に残っている、能の正倉院ともいえる存在なのです。だから現在の能楽師も足を運ぶのです。

その今では有名な黒川能も、半世紀前迄はほとんど知られていませんでした。あくまで奉納ですから、外部に対して開くことには抵抗があったのです。

その壁を切り開いたのが、著者の船曳由美さんです。昭和39年のことでした。当時まだ平凡社入社三年目の船曳さんが、写真家の薗部さんと約一年以上黒川村に通いづめ、村人の信頼を得て、雑誌「太陽」昭和41年2月号で発表。そこから知られていったのです。

船曳さんとは以前からご縁をいただいており、黒川能を最初に広めた方だとは存じていましたが、この本を読みその偉大さがはっきり理解できました。

私は2016年2月1-2日の 王祇祭(おうぎさい) を観に行ってきました。 王祇祭は、上座と下座によって同時に別の場所(当屋)で夜を徹して演能されます。事前に郵便で申し込む際に、どちらかの座を選ぶ必要がありました。その頃、たまたま船曳さんに会う機会があったので、「どちらの座を申し込んだらいいと思いますか?」と迂闊にも質問してしまいました。すると、船曳さんは、「あらっ、黒川能に関する文献は読んだの?全て読んでから質問にいっらっしゃい」とピシャリ。今回この本を読んで、いかに自分が愚かだったかをあらためて認識させられました。

さて、当屋に王祇様を迎えて明け方まで能を続けた後、二日目は春日神社での奉納となります。そこで、当屋で能を楽しんだ王祇様を、早朝に春日神社にお戻ししますが、そこにも仕掛があります。それを朝尋常といって、上座と下座が 石段を駆け登り、王祇様をどちらが早く春日神社内にお入れすることができるかを競うのです。 以下の動画はその時(2016年2月2日)に撮りました。上座が勝利し、大喜びする姿が微笑ましかった。

ところで、船曳さんには「百年前の女の子」(2010年、講談社)という、お母様から聞いた話をもとに書いた素晴らしい著書があります。

そのお母様とご本人が、モデルとして登場する小説があります。庄司薫著「赤頭巾ちゃん気をつけて」です。私も高校生の頃読んだ、思い出深い作品です。その中で、主人公の高校生・薫クンの女友達に由美ちゃんという女の子が出てきます。(由美ちゃんのママも)。そのモデルが船曳さんです。「舌咬んでしんじゃう」と由美ちゃんが言うフレーズが、なぜか私の耳に今でも焼き付いています。船曳さんには、そのフレーズをしゃべったのか聞いてみたいと思いながら、いまだに怖くて聞けません。

話が逸れてしまいましたが、本書「黒川能」のなかみについては、河野通和さんのブログを読んで下さい。私が書くよりも100倍わかりやすいですから。

河野さんも書かれていますが、「あとがき」も秀逸です。その中で船曳さんは、本書を「50年前の女の子」というような表現をしています。つまり、お母さんについて書いた「100年前の女の子」に対して、本書は自分のことについて書いたものなのです。黒川能を語り語りながら、50年前の自分自身をいとおしく思いながら描いている。そう私は読みました。怖くて、そんなこと聞けませんが・・・。

著者の船曳さんと(2020/2/20)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です