非暴力を学ぶ:上野千鶴子さんの講演を聴いて

昨晩、上野千鶴子さんの講演を聴いてきました。ジェンダーとケアがテーマでしたが、それにとどまらず様々な事を考えさせられました。

セクハラやパワハラなどの「ハラスメント」は、力関係が非対称な状況の下で起こります。つまり、強いものが弱いものを抑圧する。これらは、必ずしも権力によるものだけではありません。

あいちトリエンナーレの問題も、ある芸術作品を不快と感ずる人々が展示を止めさせるべく、メールや電話という手段を使って主催団体を攻撃したことが直接的な原因でした。

メールする側は本人を特定される可能性は低く(逮捕者はでましたが)、一方の受信側は個人を特定されます。明らかに力関係は非対称です。

また、「お客様は神様です」が暗黙の前提になっている日本においては、力関係がお客の側に傾いていることが普通でしょう。これは権力ではありませんが、抑圧ではあります。

強い側は暴力をふるっている意識はないでしょうが、力関係を利用した言葉による暴力に違いはない。

しかし、これは誰もが暴力を振るう側になる可能性があること示しています。社会とはそもそも非対称な関係性で成り立っているのですから。

だから昔から日本では、親は子に「弱いものいじめをしてはいけない」と言い続けてきたのだと思います。

私たちは力関係で強い立場にいるということは、それだけでもう暴力(身体的だけでなく)を振るうリスクが高いことを自覚しなければなりません。そして、非対称な力関係の下で、権力の乱用(=暴力)を抑えることを学ぶ必要があるのです。

講演の最後、会場からある女性が質問しました。

「私は66才で、1年半前に高校教師を定年退職しました。これから上野先生がおっしゃるような非暴力を学んでいこうと思います。しかし、多くの人たちはそれを学ぶ手立てを持てないのではないかと思います。どうしたらいいでしょうか?」

それに対する上野さんの回答が面白かった。

「とてもいい質問をありがとう。あなたは教師だったので、権力をかさに子どもたちに暴力を振るってきたのでしょう。肉体的な暴力は振るわなかったかもしれませんが・・。自分のことは分からないものです。あなただったら、子どもたちから学べばいいのです」

上野さんはバッサリ、質問者が権力者であり暴力を振るってきたことを自覚させました。その上で、弱いもの、ここでは子どもから学ぶことを促しています。具体的に、どのように子供から学ぶかまでは言いませんでしたが、私は目の前にいる弱いものに身になって感じ考えられる想像力を持つことを、上野さんは促しているのだと感じました。

弱者が強くなれる社会ではなく、弱者が弱者のままでいられる社会、すなわち相互依存できる社会をつくらなければならないと、上野さんは強調していました。すべての人間はいずれ齢を取り、弱者、依存者になっていくのだから。

今の日本では、成長しなければダメ、強くなければダメ、自己責任だ、ということが何となく正しいことのような風潮になっています。これは強者の論理であり、暴力の論理です。しかし世界は、グレタ・トゥーンベリさんに代表されるように、この方向では限界だと気付きつつあります。パラダイムは変わりつつあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です