学習と人材育成が企業を強くする

人材育成のADAT

 

よくある質問(FAQ)

お問い合わせはこちら

 

メールマガジン登録

登録解除

掲載論文・講演資料など

• 朝生容子さんがパートナー講師に加わりました。(2017.07.12)

• 2017/2/8にオフィスを移転します。
●新住所&新電話番号
 〒 162-0834
 東京都新宿区北町4番地309
 Tel:03-5228-7560 (2017.02.02)

㈱アダット代表福澤英弘著「人材開発マネジメントブック」(日本経済新聞出版社刊)が発売中!

人材開発マネジメントブック―学習が企業を強くする

福澤ブログ

(10月17日更新)

マネジメント研修の新提案。

Adat.commons

多彩なプロフェッショナルを講師として自ら選び、独自のマネジメント研修を「創る」ためのプラットフォーム。

初めてご利用になる方へ
Adat.commonsとは
ご登録から完了まで
初めてマネジメント研修を企画する方へ これまでのマネジメント研修にご不満な方へ

 

Adat.commonsでできること
  多彩な講師陣の中から、自社にフィットした講師を選択できます。  
講師とインタラクティブに研修を創り上げることができます。
さまざまな情報が使いやすく整理された形で一元管理できます。

 

 

プロフェッショナルの横顔

松山秀雄

松山秀雄氏は、さまざまなジャンルの知識を融合させた、総合的なコンサルティングおよび研修教育・人材の育成を得意としている。彼の手がけるジャンルは、マーケティングからTQM、IT、ベンチャー支援、中国進出まで実に幅広いが、もともと彼は経営戦略に特化したスペシャリストだった。
経営戦略コンサルタントは、しばしば「経営トップへのアドバイサー」と呼ばれるように、数あるコンサルタントの中でも頂点に位置すると考える人も多い。・・

講師's Book

英語の決算書を読むスキル?海外企業のケーススタディで基礎と実践をおさえる

大津 広一 著 / ダイヤモンド社 / ¥1,995

会計と英語は、グローバル化時代の2つの共通言語です。どちらが欠けても、ビジネス・コミュニケーションは成立しません。

4478017948

それならいっそのこと、会計と英語を同時に学びませんか?会計は英語で学んだほうがラクに覚えられるのですから。海外に行けば、全部英語で出てくるのですから。それが私の信念であり、本書の目指すところです。

本書では、日本人にも馴染みのある海外有名企業6社の決算書を取り上げ、1冊をとおして「英語の決算書を読むスキル」が習得できるように努めました。また、できるだけ異なった決算書を見ることができるように、会計基準はIFRS(国際会計基準)と米国会計基準、業種は小売業、製造業、サービス業と、趣の異なるケース企業を選択しました。(著者より)